スポンサーリンク
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11
劇団四季

【≪観劇レビュー≫劇団四季 CATS@名古屋 39周年キャッツの日公演】

名古屋四季劇場で上演中の劇団四季CATS

「キャッツ」の日本初演の日・1983年(昭和58年)11月11日を「キャッツの日」として一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されていると知ったのは昨年の今日。

去年はニアミス(?)で11月1日に福岡公演を観ています☆


でも、キャッツの予約が始まった時にはすっかり忘れていて、、、

劇団四季からの案内にも大きく書いてあったんですけどね(^^;

気づいた時はほぼほぼ席が埋まってしまっていたのですが、2階席に滑り込みセーフ!(笑)

見切れ席でしたが、2階席の上手端だったのと、猫たちがすぐ横を通るし、近くまで来てくれるし、楽しかった☆

お隣の席が空席だったので、ゆったり観られてラッキーでした♡
でもさ、これでS席なんだ。
C席中央の方がよっぽどよく見えて演目として楽しめる!となるとなんだかなぁ。。。と言うのは否めない。
さらにC席ならお代金は約1/3ですからねぇ。。。

上演前や休憩中には猫たちの通り道にも手作りの通行禁止の案内が出るんですね~。

グッツ売り場は大盛況!

限定の商品もあるようですが、さすがに列が長すぎて断念してきました。。。

 

本編は、グリザベラ役の江畑さんのメモリーが圧巻☆
ここって、拍手が起きるときと起きない時があると思うのですが、今回は圧倒されて拍手の存在を忘れる感じでした。。。

2階席後方、すすり泣く人多数。
そういう私もうるっときましたよ。。。

以下3枚の写真は劇団四季の公式サイトからお借りしました。

日本上演39周年という事でカーテンコール時にマンカストラップ役の北村優さんからご挨拶がありました♡

「ミュージカル『キャッツ』は日本上演39周年を迎えました。
お客さまお一人お一人が作品を愛し育んでくださったからこそと、出演者スタッフ一同、心より御礼申し上げます。
これからも作品の感動をお届けできるよう、1回1回の公演を誠心誠意努めてまいります」
(yahooニュースより。)

カーテンコールは客電ついてから5回。
最近は、退場のアナウンスが入っちゃうから粘れなくなりましたね。。。(^^;

やっぱりキャッツは好きだなぁ。。。

でも、コロナ前の演出の方がもっと好き!
戻る日が来るのかな?このまま演出が変わっていくのかな?

最近は第8派とか言われてて、イベントの制限とか言われ始め、またまた逆戻り?って感じですが、アフターコロナの舞台がどうなっていくのかも気になる。。。

【≪観劇レビュー≫劇団四季 CATS@21年ぶり名古屋 個人的初日】18日に幕開けした劇団四季CATS名古屋公演に行ってきました♪初日の抽選はさっくりとはずれ、20日はソワレのみだったのでパスして21日の...

先回は8月2日の再開初日に観に行っていて、7月21日の開幕直後とキャストさんから変更しまくっていたのですが、今回は開幕時当初のメンバーに戻りつつある感じでした。

【≪観劇レビュー≫劇団四季 CATS@名古屋 再開初日】7月18日に幕開けした劇団四季CATS名古屋公演。 3公演目の21日に観に行ってきました♪ https://omoide.b...

≪本日のキャスト≫
グリザベラ 江畑 晶慧
ジェリーロラム=グリドルボーン 小野 実咲季
ジェニエニドッツ 花田 菜美子
ランペルティーザ 清水 杏柚
ディミータ 小野 日歌里
ボンバルリーナ 小島 光葉
シラバブ 佐々木 陽菜
タントミール 髙田 直美
ジェミマ 円野 つくし
ヴィクトリア 近藤 合歓
カッサンドラ 田原 真綾
オールドデュトロノミー 金本 和起
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ 中橋 耕平
マンカストラップ 北村 優
ラム・タム・タガー 吉岡 慈夢
ミストフェリーズ 横井 漱
マンゴジェリー 田邊 祐真
スキンブルシャンクス カイサー タティク
コリコパット 一色 龍次郎
ランパスキャット 政所 和行
カーバケッティ 照沼 大樹
ギルバート 伊藤 駿佑
マキャヴィティ 姜 大舜
タンブルブルータス 石田 悠馬

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



スポンサーリンク