イノセント・ゲリラの祝祭(海堂尊2008年)普段は質素に、たまには豪華に。

イノセント・ゲリラの祝祭(海堂尊2008年)

修子
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、
アフィリエイト広告を利用しているものがあります

0b9ccf2a.jpg

********************
厚労省役人でロジカル・モンスターの白鳥に、医療事故調査委員会への出席を依頼された田口。
さまざまな思惑が飛び交う会議で、田口は、グズグズの医療行政の現実を知ることに…。
メディカル・エンターテインメント第4弾。
********************

『田口・白鳥シリーズ』の第四弾。
なのですが、今までとは毛色が違います。
厚生労働省の「医療事故調査委員会創設検討会」での攻防線がメイン。
実際の厚生労働省も医療現場もこうなんだろうな。というリアル感はあるのですが、いかんせん話に抑揚がない。
(だってお役所の会議の話なんですもん。。。)

ラストあたりで盛り上がりもありましが、それも不発弾?
次作への伏線?と曖昧な感じ。

ただ、「これでいいのか。果たしてそれが正解なのだろうか。俺は繰り返し、自問していた。」とあるように、この問題に正解なんて無いと思うんですよね。
確かに今の行政はおかしな点があるのかもしれない、でも、「効率ばかり優先するから結局大いなるムダが生じるんだよ。世の中には必要なムダってやつもあるんだからさ。」とあるように、問題のない世の中なんてたぶん出来上がらない。
どこにメスを入れても、多かれ少なかれ膿が残り、膨れ上がるものなのでしょう。

でも、現実の打破が作者の言いたいことなんでしょうね~。。。
小説と言うより、ノンフィクションとかにしたらいいのに。と個人的には思いました。

医者は患者を治療するのが業務。医学者は医学を研究する学者。だから
法医学者は医者ではない。

無能には二通りある。害悪になる無能と、役に立つ無能さ。前者がバカで後者がアホ。

世界は有限で思っているほど広くはない。誰でも六つのコネクション・リングをたどれば、米国大統領にさえたどりつけるという話を聞いたことがある。
そんなことないでしょ?と思ったけど、確かに私もすごく輪が広がりそうな人物が結構近くにいました。

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
修子

酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬.

レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれの名古屋人

普段は質素に暮らし、でもたまには豪遊したい♡
そんな日常を綴っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました