スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

死因不明社会(海堂尊・2007年)

84c239d1.jpg
********************
『このミステリーがすごい!』大賞作家が緊急書き下ろし
ロジカルモンスター白鳥圭輔が日本の医療の闇を斬る!
「『チーム・バチスタの栄光』は、この本を書くために生まれた!」――海堂 尊

ミステリーより怖い真実
日本の解剖率2%台は、先進国中ぶっちぎりの最下位。
98%は、体の表面を見るだけのいい加減な死亡診断が下されている。
死亡診断が軽視される社会では、明らかな犯罪行為や児童虐待すら発見できず、治療効果判定も行われない無監査医療がはびこる。
社会に様々な不利益をもたらす「死因不明社会」に立ち向かうにはAiを中核とする新たなパラダイムシフトが必要となる。
現役医師でベストセラー作家、海堂尊の緊急提言。
********************

映画化もされたベストセラー小説「チームバチスタの栄光」の作者が、日本の死因がいかに不明な状態かを明かしたブルーバックスの本。

小説の登場人物が対談形式で出てくるという構成はこういった新書では珍しい形だと思う。
専門的な内容の割には、素人でもわかりやすい点ではよかった。

作者の海堂さんは先日の世界一受けたい授業に先生として出演されていました。
そしてこの本からの抜粋授業でした。
テレビと言うことを踏まえてか、本よりもオブラートに包んだ表現でしたが、
わかりやすく、海堂さんが進めるAi(※)の必要さは伝わった模様。

※Ai(autopsy imaging):死後にMRIやCTなどの機械を使用した画像診断で死因を探る方法。

話を本に戻して。
日本は解剖率2%で、先進国で最低の解剖率だそうです。
実際に解剖しないと、死因が特定できない場合が多く、
闇に葬られている事件もあるのではないか?という問題提起と、
そして、それをクリアするものとしてAiを取り入れるべきだとう提唱。
それが話しの柱でした。

丁度執筆中に起きたという、実際に記憶にも新しい、
「力士暴行死事件」の話も詳しく書かれていて、
医療と報道の裏側を垣間見た一面もあった。

実際、論文などの難しい文章が苦手な私は読み飛ばしている部分も多々あるけれど、
それでも作者の言いたいことはわかったつもり。
それぐらい、万人が受け入れられるように書いてある。
論文苦手!と言う人でも興味があったら一読をお勧めします。


ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

POSTED COMMENT

  1. みつばちマーヤMAX より:

    修子さんでさえ読み飛ばしているんですから、私など一気に巻末まで飛んでしまいそうですねぇ{ロケット}
    バチスタのごとく映画化されるのを待つことにします(o^∀^o)
    そういえば母は孤独死でしたので、死亡診断書を書いた医師にあとから診断理由を尋ねましたよ
    「外傷がない、心臓の持病がある・・・ゆえに『心不全』」だって~
    なんか風邪{風邪}の診断とあまり変わらない気がしちゃうんですが(笑)

  2. 内容があまりに論文なので映画化は無いでしょうね~。。。
    難しいけれど、興味深い内容でしたよ。
    ちなみに、この本によると、「心不全」という病名は無く、
    死因に困ったら「心不全」とつけるそうです。
    心臓が弱った状態が心不全なので、
    人間、死ぬ前はだれでも心不全だとか。
    あまりにテキトーで驚きました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク