スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

もう一度デジャ・ヴ(村山由佳・1993年)

8302c99f.jpg
****************************
テレビに映し出された風景に僕は覚えがある。
行ったことはないのに、確かにこの情景を僕は知っている―。
高校2年生の矢崎武志に起こったのは既視体験デジャ・ヴ。
彼は意識を失う度に、はるか昔、生まれる前の世界を体験する。
その世界で彼は戦国の忍びの一族だった。
前世で何があったのか、なぜ過去を追体験するのか。
運命の人に再び出会うため、時空を超えて駆ける永遠の恋のリフレイン。
(「BOOK」データベースより)
****************************

あなたは前世やデジャヴを信じますか?

以前、カンボジアのアンコールワットに行ったときに、
友人が突然「私、この壁画を見てる場面を夢で見た。まさにデジャブだわ。」と言い出し驚いたことがある。

私なんて、「お!これってデジャブ??」と思ったら、
実際行ったことがあったり(笑)と、結構まぬけなことばかり。
前世は信じるも信じないも、考えたことも無く…。

でも、この本を読んで、デジャブや前世に興味を持った。

内容は、前世からの因果を引きつれ、生まれ変わり、また巡り合う。と言うお話。
現世はchapter○、前世は○の章となっていて交互に語られる形式。
ありがちと言えばありがちなお話だし、
ブロードウエイミュージカルでもある「アイーダ」にも似ている。
(オペラの「アイーダ」は観た事が無いのでどこまで同じかは不明です…。)

村山由佳さんの処女作だそうで、
あとがきでご本人が「異色」で「若書き」とおっしゃっていますが、
何はともあれ、読みやすくて、引き込まれるのです。

たまには、前世に想いを馳せてみてはいかがですか?

運命ならば、必ずやまためぐり逢うことができようほどに
そんな運命の人に出逢ってみたいものです。

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

POSTED COMMENT

  1. みつばちマーヤMAX より:

    運命の人・・・あの人だ
    もう一回、偶然が起きたら
    それは必然と思う・・・あ、危険な香りが・・・
    ( ♥´艸`)去年のね、日記に書いてあるんだよん

  2. 去年ってまたアバウトな。。。
    もうちょっと絞ってくださいよ~!!
    でもいつか、探し出しますよ{ラブ}

  3. みつばちマーヤMAX より:

    んと、日付がいまひとつなんだけど
    たぶん5月の一覧で「赤い糸の・・・」のようなタイトルです
    きゃ~~、わたひのせーしゅんでしゅ~(*≧m≦*)

  4. 見ました!4月5日の日記
    いいなぁ~青春だなぁ~{ドキドキ小}{ドキドキ大}
    私も青春した~い{キラキラ}

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク