スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

チーム・バチスタの栄光(海堂尊・2006年)

94ae7867.jpg
**********************
東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。
彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称“チーム・バチスタ”として、成功率100%を誇り、その勇名を轟かせている。
ところが、3例立て続けに術中死が発生。
原因不明の術中死と、メディアの注目を集める手術が重なる事態に危機感を抱いた病院長・高階は、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口公平に内部調査を依頼しようと動いていた。
壊滅寸前の大学病院の現状。医療現場の危機的状況。
そしてチーム・バチスタ・メンバーの相克と因縁。
医療過誤か、殺人か。遺体は何を語るのか…。
栄光のチーム・バチスタの裏側に隠されたもう一つの顔とは。
第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)
**********************

先日、映画を観に行った時にCMしていて阿部寛のおもろい演技(笑)が気になったもの。
翌日、会社の人が「面白かった本あるけど読む?」と言われて、その偶然にびっくり☆
で、早速読んでみました。

一言で言うなら傑作!
今年はいろいろ本を読んだけど、これほどのは無かったなぁ。
年の瀬(?)にいい本読めてよかった!っとしみじみ思ってしまった(笑)

それぞれのキャラも立ってるし、それぞれの深層心理なんかも上手く表現されている。
大体、「バチスタ」って何?ってとこから入った医学音痴な私でも引き込まれる内容。

医学意外にもアクティヴ・フェーズだのパッシヴ・フェーズだのと
心理学??っていう専門用語もいろいろ出てくるのに、
読んでるうちになんとなくわかる書き方がされているのが
作者の知識の豊富さですね。
その上、遠回りでもなく、くどくなく。。。そこら辺のさじ加減に感服。

現在、作者は病理学の勤務医らしいのだけど、
それこそ作中の田口医師のように
不定愁訴外来(愚痴外来)でもやっていけそう^^

白鳥調査官が言った言葉で
命を守ろうとする心、悪を見逃さない眼。
それは現場の医師一人一人が、心の中に持つべきものです。
か細い糸を張り巡らせて大切な命を守る。
それこそが、唯一の正解なのでしょう。
」とある。
あと、とある医師の言葉で 「医者だってこわれる」とも。
ここ数年、大学病院に通院してるけれど、
えてして「人」が「物」に見える瞬間ってあるんだろうな。。。なんて。

ミステリーとして話を進め、最後に世間をチクリと刺す。
興味深く、考えされられる一冊でした。

あと、耳が痛い台詞も
人の話に本気で耳を傾ければ問題は解決する。
そして本気で聞くためには黙ることが必要だ。
大切なことはそれだけだ。
但しそれは、人が思っているよりもずっと難しい技術ではあるのだが。

私がいつも実践しようと思いながらできないこと。
この難しい技術を手に入れたいわ!

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

POSTED COMMENT

  1. みつばちマーヤMAX より:

    映画も見に行きますか?
    私も映画予告が気になっていました~(o^∀^o)
    まだ読んでいない本もあるのに、修子さんの読むペースに全く付いていけないよぉ。・゚・(ノД`)・゚・。

  2. 映画も観たいですよね~。
    3月1日の映画の日までやってたら観に行こうかなぁ(せこい(笑))
    先週末から忘年会シーズンなのでペース落ちます(笑)
    そんなこと宣言してどうする(笑)

  3. みつばちマーヤMAX より:

    TOHOシネマズは毎月1日が「映画の日」で半額のはずですが・・・^^

  4. TOHOシネマズって半額なんですか?
    家の近所は1000円ですよ。<映画の日
    やっぱり観たくなってきた!
    こうなったら前売り買っちゃおうかな。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク