スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

Friends-恋愛アンソロジ-(祥伝社・2003年)

ff6eebd3.jpg
******************
となりに好きな人、いますか?

腹違いの姉妹の微妙な関係。幼なじみへ寄せる淡(あわ)い恋心。
アイドルになった同級生との心のつながり。
母親の恋人との変わった友だち関係。
親子ほど歳の離れた同居人との幸福な空間。
恋愛小説に憧(あこが)れる人妻が抱く、年下青年へのときめき。
そして、カレをめぐる女同士の愛憎……
恋愛にからんださまざまな友人関係をせつなく描く、大ヒットアンソロジー、第二弾。
******************

「アンソロジー」なるものをはじめて読んだ。
手にしたきっかけは作家の幅を広げたかったから。

9人中6人は初見で、失礼ながら名前も知らない方もいた。
タイトルの通り、さまざまな友達を描いた短編集。
どれもこれも短編らしく読みやすい内容。
とっかかりの1冊としてはいい本でした。

とある話しの〆の下りに『自分が実際にはどれだけ幸せなのか気づいてなくて、平凡な日常が実はどんなに大事なものであるのか忘れちゃって』とある。

同じことの繰り返しの毎日でも必ず違う日なわけで。。。
日本に住んでるってだけで相当幸せだったり住んだろうな。なんて思いました。

■本書の収録作品
江國香織(えくにかおり) 「ザーサイの思い出」
谷村志穂(たにむらしほ) 「青い空のダイブ」
島村洋子(しまむらようこ) 「KISS」
下川香苗(しもかわかなえ) 「迷い蝶(ちょう)」
前川麻子(まえかわあさこ) 「恋する、ふたり」
安達千夏(あだちちか) 「鳥籠の戸は開いています」
倉本由布(くらもとゆう) 「恋愛小説を私に」
横森理香(よこもりりか) 「Chocolate」
唯川 恵(ゆいかわけい) 「彼女の躓(つまず)き」

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

POSTED COMMENT

  1. みつばちマーヤMAX より:

    やたら不満や愚痴をこぼしまくっている私ですが、
    不満や愚痴が言えるということが幸せでもある・・・
    と少しは思っている(^_^;)

  2. あは♪確かに、言うとすっきりしますよね~!
    言える場所があるってのは幸せだと思いますよぉ{キラキラ}

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク