スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

今夜誰のとなりで眠る(唯川恵・2002年)

15558a91.jpg
*******************
その自由で奔放な生き方で女たちを魅了した男、高瀬秋生の突然の訃報。
大学の同級生だった真以子と協子、秋生の友人と結婚した七恵、一緒に暮らしていた佑美、その職場の同僚じゅん子。
ひとりの男の死が、彼と関わった5人の女たちの人生に、さざ波をたててゆく―。
30台半ば、もう若くはない、でもやり直せる。
それぞれの事情を抱えながら生きてゆく女たちの、新しい旅立ちを描く恋愛長篇小説。
(「BOOK」データベースより)
*******************

登場人物が結構多くて、その上、5人の視点から描かれているから、最初は相関図を理解するのに苦労した。。。
でも、読み進めるうちに、5人の違いが浮き彫りになってきて苦も無く読める作品。

相変わらず、女の深層心理を書いてくれる唯川恵。
5人ともに、どこか自分の重なる部分がある気がする。
それも「嫌~な」部分がね(笑)
「こういうこと思うの私だけじゃ無いんだ。」的、変な安心感が得られる、いいんだか悪いんだか謎な作家。

登場人物の心に住み続ける「高瀬秋生」の言葉に
余計なものはみんな捨てる、捨てて、捨てて、全部捨てて、
そうしたら最後にどうしても捨てられないものが残る。
それが本当のプライドだろ。あとは所詮、ゴミみたいな虚栄心だ。
」とある。
意外と人のプライドなんて小さなものなのかもしれない。

死んでしまってなお、多く人の心に残り続ける人っているのだろうけど、
「高瀬秋生」みたいに破天荒で現実離れした、プライドが無いようで、
一番プライドが高い人なんだろうな。
回想シーンでしか出てこない人物を多方面から一人の人物として、
リアルに描けるあたりが唯川恵の強みなのかな?

立ち止まり、振り返り、そして現実に戻っていく、
それが人生なのかもしれない。
そう思った本でした。

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク