スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

夜明けの街で(東野圭吾・2007年)

059d0ab0.jpg
**********************
幸福な家庭で起きた殺人事件。まもなく時効を迎える。
僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた―。

この恋はどこまで続くのだろうか。

不倫するやつなんて馬鹿だと思っていた。
ところが僕は、その台詞を自分に対して発しなければならなくなる。
ただし、その言葉の後に、こう続ける。
でも、どうしようもない時もある。

緊迫のカウントダウン。衝撃のラストシーン。
著者渾身の最新長編小説

東野圭吾の新境地にして最高傑作
(帯文より)
**********************

東野圭吾の新刊。
不倫の話だと言うのは聞いていたし、帯にも書いてあったけれど、ホントに最初から最後まで不倫のお話。

確かに「新境地」なんでしょうが、「最高傑作」か!?ってお話でした。

東野圭吾の作品に単なる不倫の話を読者がどこまで求めているのか?
もちろん、その不倫にサスペンス的な要素も加わるのだけど、
そして最後に不倫をする理由も相手から語られるのだけど。。。
どうもそこらへんが薄っぺらく感じた。
別に不倫を絡ませなくてもいいんじゃないのかと。。。

でも、本編最後にはしてやられた!と思った。
ホントに女は恐い生き物だと。。。

ちなみに、番外編が世間一般的によくある不倫のお話なのでしょう。
不倫的にはこっちのほうが納得(笑)

あと、作者が感化されたと言う、
サザンの「LOVE AFFAIR~秘密のデート」が久しぶりに聞きたくなった。


ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク