スポンサーリンク
ブログ名変更しました☆
これからもよろしくお願いします♡
𝟚𝟘𝟚𝟛.𝟙.𝟞

青空のむこう(アレックス・シアラー著/金原瑞人訳・2002年)

87f01e94.JPG
***********************
ぼくはまだ決めかねてた。
アーサーはぼくに背中をむけて歩きだした。
そのとたん、エギーやママやパパや友だち、ぼくが知ってる人たちの顔が次々に浮かんで、どうしてももう一度会いたくなった。
みんながいなきゃ生きていけない。
死んでることだってできない。
すぐにぼくは決心した。
アーサーの後を追いながら呼びかけた。
「待って、アーサー。ぼくも行く」アーサーは立ち止まってぼくを待った。
それからふたりで駆けだした。
“生者の国”を目指して―。
(「BOOK」データベースより)
***********************

以前「恋愛偏差値」というドラマの中で主人公が読んでいた本。
そのドラマにはまっていたので(笑)読んでみたかったのだ。
職場の人が持っていたので借りてみた。

表紙がキレイな青空で、すがすがしいお話かと思っていたら、事故で死んでしまった少年のその後のお話。。。
ちょっと意外な話でびっくり☆

ユーモアあふれる主人公のいろんなエピソードはおもしろく、そして物悲しい。。。
そして遣り残したことが気になり「彼方の青い世界」へ行くことができない。

その遣り残したこととは喧嘩別れした姉への思い。。。

昔、中学の同級生がお母さんと喧嘩して朝家を出て、その日にそのお母さんが亡くなったのを思い出した。
当時の彼女の後悔は想像もできない。
きっと今でもその後悔は続いているのでしょう。。。
喧嘩別れはよくないって身にしみたのを思い出した。

でも、後悔先に立たずとは言うけれど、逆に後悔の無い人生なんて無い。。。すごい矛盾だけど、地団太踏みたくなるけれど、今を精一杯生きなくちゃ!
って言うことだけはわかったかな^^

文章がちょっと言い回しがくどくって、もっとさらっとしてたらいいのにな。
とは思ったけど、小学生や中学生向けなのかな?

ABOUT ME
修子
酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬. レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった管理人が名古屋を中心に綴る日記ブログ。 最近は𝕀ℍ𝔾ダイヤモンド&ℍ𝕚𝕝𝕥𝕠𝕟ダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しみつつ、完全同居型二世帯住宅に住む子なし夫婦です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



スポンサーリンク