スポンサーリンク
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

ファースト・プライオリティー(山本文緒・2002年)

04fe4cd7.JPG
**********************
あなたのファースト・プライオリティーは何ですか?
31歳女性、31通りの最優先事項。
直木賞受賞後第一作。
『星星峡』連載に書き下ろしを加えて単行本化。
(「MARC」データベースより)
**********************

山本文緒さんの短編集です。

この作家さんのとの出会いは1999年
もうかれこれ4年も彼女の本を読んでいる。

友人から『恋愛中毒』を借りたのがきっかけ。
長編なのに惹きこまれ一気に読んだ。

それからは図書館で片っ端から借りて読んだ。
でもあんまり人には勧められない。。。
勧めた友人に「怖い」と言われた(笑)
なにせ人生観にしろ、恋愛観にしろかなりゆがんでる。
でも惹きこまれるのは私がゆがんでいるから?(笑)

でも2001年には『プラナリア』が直木賞を受賞したり、
最近NHKで『ブルーもしくはブルー』がドラマ化されたりして
世間一般的になってきてるみたいですが。。。
そして「怖い」と言った友人が今読みふけってる(笑)

前置きが長くなりましたが、
『ファースト・プライオリティー』
第一主義・・・で合ってるかな?
英語苦手なので自信はありませんが。。。
世の中いろんな人がいて、いろんな価値観がある。
そんなお話。

私の「ファースト・プライオリティー」はなんでしょ?
って読みながら考えた。
今だったら間違いなく「自分」だな(笑)
別に美人でもないし、秀でたものなんて何にも無い。
自分に自信なんて無いし、好きじゃない。
でも自分がいなくちゃ始まらないと思うから。

この短編集はすべて31歳の女性が出てきます。
自分が31歳になった時に、もう1度読んでみようと思いました。
31歳まで、あと2年!
その時私は何してるんだろ??

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



スポンサーリンク