スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

Nのために(湊かなえ・2010年)

********************
「N」と出会う時、悲劇は起こる―。
大学一年生の秋、杉下希美は運命的な出会いをする。
台風による床上浸水がきっかけで、同じアパートの安藤望・西崎真人と親しくなったのだ。
努力家の安藤と、小説家志望の西崎。
それぞれにトラウマと屈折があり、夢を抱く三人は、やがてある計画に手を染めた。
すべては「N」のために―。
タワーマンションで起きた悲劇的な殺人事件。
そして、その真実をモノローグ形式で抒情的に解き明かす、著者渾身の連作長編。
『告白』『少女』『贖罪』に続く、新たなるステージ。
(「BOOK」データベースより)
********************

最近、「告白」が映画化されて、注目されていますね。
確かにあの、衝撃はすごかった。

怖いと思いながら、ついつい湊かなえさんの本は手に取っちゃうんですよね。
中毒性がありよ(笑)

さて、今回は「Nのために」と言うことで、「N」の登場人物がたくさんいて(たくさんと言うよりほぼすべて。)、「N」が誰なのかを考えながら読んだのだけど。。。

殺人事件が起きたところから話が始まり、10年後に当時、さらに過去を振り返る内容。
1つの事件も裏を返したら、こんなに奥が深いのか。と思った。

そっか。「N」はそれぞれ違うんですね。
ただ、いまいち主人公は誰を思っていたのかはよくわからない。。。

そして、途中からの展開は急激だけど、語りつくされた感はいまいち。
伏線が効果的に生きているところもあれば、腑に落ちないこともありでした。
ただ、再読したらまた感想は違うのかも。

「告白」の時は文章が拙いイメージだったのですが、この本を読んでかなりの上達ぶりに驚きました。
こちらが、衝撃慣れしているのもあって、ラストに驚くこともありませんでしたが、話の流れを作る能力は相変わらず長けています。

これからの作品にも期待しています!

そうそう、この話。
一言で言うならば、「死人に口なし」とはこのことだ(笑)

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク