聖女の救済(東野圭吾・2008年)普段は質素に、たまには豪華に。

聖女の救済(東野圭吾・2008年)

修子
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、
アフィリエイト広告を利用しているものがあります

9c6454da.jpg

********************
男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。
草薙刑事は美貌の妻に魅かれ、毒物混入方法は不明のまま。
湯川が推理した真相は―虚数解。
理論的には考えられても、現実的にはありえない。
(「BOOK」データベースより)
********************

ガリレオの苦悩と同時に発売された本。
苦悩は短編集だけど、こちらは長編。

書店で、「おそらく君たちは負ける。僕も勝てない。これは完全犯罪だ」という帯を見て、どんな話なのだろう。。。と興味津々だったんですよ。

久しぶりに続きが気になって眠れない本でした。
個人的に短編より長編の方がすきなのでどっぷりのめり込んじゃいました。

題名の意味がわかった時には、ぞぉ~。。。っとしました。

調べてみたら、この連載中にちょうどドラマ版が放送されていた時期なんですね。
作品の最後の方で内海薫がiPodで聞いているのが福山雅治の曲なのですよ。
こういう作者の遊び心が良いですね~。
思わず顔がにやけます(笑)

最後の方で、いろいろ出てきてパズルがするすると出来上がるのはできすぎのような気もしたけれど、久しぶりに大満足な東野圭吾作品でした。

虚数解だ。理論的には考えられるが、現実的にはありえない
それほどのことをしてしまう、「驚くべき執念、おそるべき意志の強さ」が女にはあるものなんですかね。。。
でも、この人ならやりかねないって言う人なので納得してしまうけれど。

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
修子

酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬.

レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれの名古屋人

普段は質素に暮らし、でもたまには豪遊したい♡
そんな日常を綴っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました