スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

容疑者Xの献身(東野圭吾・2005年)

23754bbd.jpg
********************
これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。
いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。
運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。
(「BOOK」データベースより)
********************

月9の「ガリレオ」が映画化されるらしい。
それの原作本

犯人が最初からわかっていて、追う側と追われる側の両方の視点で話が展開する。古畑任三朗みないな感じ。

犯人もわかっていて、追い詰められていくのもわかるのに、釈然としない気持ちを抱えながら読み進めた。
そしたらね。。。ありましたよ。どんでん返しが!
9割5分読み進めて「してやられた!」「そうきたか!」と思うものが。

読み終わってみれば、落とし所はそれしかないよなぁ。。。と思うけれど、なんとも後味が悪い。

もともと「容疑者X」だった題名を単行本では「容疑者Xの献身」と「献身」をつけたそうだ。
献身ね。。。これ「も」献身?これ「が」献身?

作者は大学で工学部専攻だったらしいのだけど、前作までの「ガリレオ」シリーズの物理学に続き、
今回は数学の話がいろいろ出てくる。
連れ合いがよく言ってる問題とか出てきて面白かった。
そしてこの作品で直木賞も取っちゃってるんだよね。
理系にも文系にも長けている東野圭吾ってやっぱりすごい人だ。

内容知ってしまっているだけに映画はまぁそのうち放映されるテレビでいっか。
と思うけれど、配役はちょっと気になる。
原作に忠実に行くなら福山雅治と同じ年の人が主人公。
誰が演じるんだろ。。。

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク