スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

無銭優雅(山田 詠美・2007年)

5cf0adb2.jpg
*******************
中年になって初めて本当の恋に巡りあえた。
この人と出会う為に随分遠回りもした。
だからこそ、本当のオトコイが出来る。
恋は中央線でしろ!
人生の後半に始めたオトコイ(大人の恋!?)に勤しむ、42歳の慈雨と栄。
「心中する前の気持ちで、これからは付き合っていかないか・・・」
2人は今、死という代物に、世界で一番身勝手な価値を与えている。
いつか死ぬのは知っていた。
けれど、死ぬまでは生きているのだ。
ささやかな日々の積み重ねが、こすり合わされて灯をともし、その人の生涯を照らす。
そして、照り返しで死を確認した時、満ち足りた気持ちで、生に飽きることが出来る。
私は死を思いながら、死ぬまで生きて行く。
今わの際に、御馳走さま、とひと言、呟くために。

山田詠美、4年ぶりの書き下ろし長編小説、遂に完成!!
*******************

山田詠美の恋愛節炸裂のお話。
物語なのだけど、エッセイ?ってぐらい「慈雨」目線のお話。

友達元気で留守がいい。」とか
相変わらずいい事言うわ!(笑)

職場の先輩がどうもこの本を読んで恋愛に火がついたらしい^^
らぶらぶで、この前のろけられたんだけど、
「ちゃんと気持ちを言葉にしてくれる人なんだよね♪」って。
・・・お相手が「栄」みたいな人らしい(笑)

恋愛ってどこに落ちてるかどこから降ってくるかはわからないものだ!
と妙に納得した本でした。

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク