スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

先達の御意見(酒井順子・2005年)

0a133e3b.jpg
*******************
「負け犬の遠吠え」で日本に論争を巻き起こした著者が、林真理子・田辺聖子・瀬戸内寂聴・上坂冬子・板東真砂子・阿川佐和子らと激突する、負け犬他流試合10番勝負。
負け犬のサンドバックぶりを、とくとお楽しみください!
(「MARC」データベースより)
*******************

言わずと知れた「負け犬の遠吠え」の作者。
「負け犬…」を踏まえて、人生の先輩と対談。

田辺聖子の「小説って、せっけんやタオルのように人生でざぶざぶ使うものよ」とか、内田春菊の「キルト展は女の恨みつらみの集大成」とか。
「ほ~っ!」と感心したり、「あは♪」と笑ったりと、いろんなお話がでてきて面白かった。

私もつい最近まで「負け犬」の部類だったわけだけど、たぶん意外と「負け犬だって♪確かにそうかもね~。」なんて思ってる人が多かったんじゃないかと。
酒井さんが言うように、「どんなに幸せだと言っても、周りから言わせれば結婚して(もしくは子供を生んで)一人前」というのを感じつつも、「だって今の生活楽しいんだも~ん♪」なんて(笑)
はい、そういう私もそうでした。
1人じゃないとできないことをやりつくしましたよ(笑)

あんまり「あの頃に戻りたい。」っていう願望は無いけれど、独身OL時代には戻ってもいいかも。
それぐらい負け犬生活は楽しかった。

早くに結婚した友人が「独身OLをやってみたい!」と言ってたけれど、ホント天国よ天国!
自信を持ってお勧めします!(笑)

でも、私の場合、与えられた生活を楽しむ根性(?)みたいなのがあるので、
自分がとっとと結婚してたりしたら、負け犬さん達に
「またまた~。そんなこと無いって!」なんて言ってたりして(笑)

あ、ちなみに私は「負け犬の遠吠え」は読んでません(笑)
でも、やっぱり面白そうだから、そのうち読んでみるつもり。

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

POSTED COMMENT

  1. みつばちマーヤMAX より:

    偶然!
    私も今、酒井順子さん読んでます~
    「楽しいわるくち」っていうの^^
    何気に借りてきたけど、そーゆー人なんだ~
    早く読破せねば(・∀・;)

  2. ホント偶然ですね!
    私は「負け犬の遠吠え」をけち臭く(笑)、
    BOOK 0FFで手に入れました!
    これも読むの楽しみ^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク