スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

ベター・ハーフ(唯川恵・2000年)

b992e91c.JPG
*************************
恋愛なら絶対に別れる理由が、夫婦には当てはまらない。
かといって、すべてを許し合うわけでもない。
腹立たしさはある。
失望も落胆もある。
憎しみさえも、消えることなく記憶に積み重なっている。
それでも、夫婦はその場所から容易に離れることができない。
結婚生活の実態に挑む長編小説。
(「BOOK」データベースより)
*************************

自分の結婚式の日、式場で夫の元恋人に自殺未遂を図られる。
幸せの新婚生活がはじまるはずだったのに。。。というところから物語が幕を開く。
その後も、親の離婚、浮気、株での失敗、リストラ、離婚の危機、親の介護の問題、子供の受験、・・・。この頃の事件を織り交ぜながら淡々と描かれていくこの作品は、物語だけれど、よくないことばかりが降りかかっているような感じだけど、実際にもどこにでもありそうなお話。
結婚の裏側ってこんなものなのかも。。。

あとがきの言葉にあるように「ベストではなく、ベターである。ということに、心惹かれて書き始めました。最高ではないが、まあまあのパートナー。そんな相手であれば、結婚は大成功といえるのかもしれません」が、一番なのかもしれない。私は結婚したことないけれど、人生をともにするにはキレイごとだけじゃないから「まぁまぁのパートナー」がいいのかもしれないな。なんて^^

「明日に備える、という人生より、明日死ぬかもしれない、という生き方を頭に描く人間が多くなったような気がする。」というくだりがある。
私も「念のため」とか、「いざと言う時のために」って今の世の中必要なのかな?って思うときがある。
もちろん、行き当たりばったり人生を生きるつもりもないし、実際は石橋を叩き切っちゃう私だけど、もうちょっと楽観的でもいいのかな?って感じた。

でも一番心に残ったのは、広告代理店に勤める文彦が、季節を先取りする仕事をしていて、「この業界にいると三ヶ月は確実に早く年を取る。」っていう。
実際私の仕事も先取り仕事。
今、お中元の仕事をしつつもすでにお歳暮の声が聞こえてくる。
ホント年取るの早いんだよね(笑)

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク