スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11

ヘヴンリー・ブルー 「天使の卵」アナザーストーリー(村山由佳・2006年)

ヘヴンリー・ブルー 「天使の卵」アナザーストーリー
ヘヴンリー・ブルー 「天使の卵」アナザーストーリー
おすすめ平均
starsメイキングかな、そうですね
stars書かない方が良かったのでは?
starsあの頃に戻りたい人にはオススメします(購入不要かも…)
stars総集編?
stars続編と言うよりココまでで1冊と言う感じ

Amazonで詳しく見る by G-Tools

********************
19歳の歩太と27歳の春妃のせつなく激しい恋を描いた『天使の卵』から12年。
そして『天使の梯子』から2年。
29歳の妹・夏姫が回想するエモーショナルな懺悔。哀しくて、エロティックな青春の詩。
(「BOOK」データベースより)
********************

天使の卵」の続編が「天使の梯子」。
そして、その2つのアナザーストーリーがこの「ヘブンリーブルー」。

夏姫の視線で、「天使の卵」を振り返りつつ、「天使の梯子」から先の現在までの物語。

正直なところ、2冊のおさらい的1冊と言ったところ。
字も大きく、挿絵もふんだんにあって、2時間もかからず読めてしまいます。

何度読み直しても、心の琴線に響く言葉は同じ。。。
「天使の卵」の、
もっとがむしゃらに、自分勝手になりなさい。
あんまり若いうちから、そんなに冷静でものわかりのいい人間になるのはおやめなさい。
あなたが今よりちょっとやそっと自分勝手に、わがままにふるまったところで、
あなた自身が思っているほどには誰も困らない。

「天使の梯子」の
誰に何を言われても消えない後悔なら、自分で一生抱えていくしかないのよ

同じところなのは、自分が成長していないのか、よほどなことなのか。。。
そんなことを思いながら読み終えたのでした。

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク