スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11
舞台

≪観劇レビュー≫バンデラスと憂鬱な珈琲@世田谷パブリックシアター

9ff7199e.jpg
********************
演出:マギー
出演:堤真一、高橋克実、小池栄子、村杉蝉之介、中村倫也、高橋由美子、段田安則

男の名はバンデラス。米国軍随一のネゴシエーター(交渉人)。
彼の使命は、12時間後に迫ったロシアとの開戦を阻止すること。
国家の危機に潜むごく個人的な思惑、勘違い、そし行く手を阻む悪気のない人々・・・。
「コーヒー飲んでる場合やないっ・・・!」
カップの底に沈む珈琲が憂鬱な時の始まりを告げた。
********************

この演目の案内を見て、堤真一さんがお目当ての私と、演出のマギーさんがお目当てといううちの人。
じゃあ、「観に行かない訳には行かないよね!」と遠征です(笑)

日曜日の千秋楽のチケット取った後に、土曜日に後輩の結婚式が舞い込んできて、ダブルブッキングにならなくてよかったぁ!と胸をなでおろしましたよ。
その分、東京観光はあんまりできなかったけど、まぁ東京は逃げませんからね^^

さてさて、舞台に話を戻しまして。。。
内容はホントに「おもしろい!!」の一言♪
笑いっぱなしの2時間弱でしたぁ~!

テレビや映画でみる堤さんってシリアスなイメージだけど、
実はなにげに、関西弁を話すおっさん(失礼!)なんですよね(笑)
そんな、「もしや素に近いんじゃない?」という堤さんが満載でした。

何度目かのカーテンコールの後、演出のマギーさんが舞台上に。
「堤さんが歌って踊るのは今日で最後です。」と言って会場を沸かせてました^^
確かに堤さんが歌うのって始めてじゃないですかね~。。。
新感線の舞台でも歌わないですもんね。
貴重な堤さんを観る事ができましたよ☆

いろんな方のレヴューを読んでいると、日々アドリブの嵐だったようですね。
今回も役者さんが素で笑ってるんじゃないの?なんて思うこともしばしば。

舞台なのにオープニングロールにエンドロールがあったり、
人と映像がたくみに絡み合っていたりして、珍しい舞台でした。

それにしても役者の皆さんはホントに芸達者ですね~!!
一人で何役もこなす舞台でしたが、どの役にもすんなりとはまってしまう。
そして、舞台なのに、役者の普段を思い起こさせる部分が出てくる脚本。
どれもがきっちりとはまってました。

こういうおバカでわかりやすい舞台大好きです☆

ちなみに私の中の名言は、「むいたハッサク」
これも日々違ったみたいです。
やっぱり舞台は何度も観た~い!!

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク