スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11
舞台

≪鑑賞レビュー≫サイモン&ガーファンクル

379091cf.jpg

最後の来日公演なんて言われてるサイモン&ガーファンクル。
昨日、その初日の名古屋ドーム公演に行ってきました。
それも名古屋で公演をするのは始めてだそうですね。

そもそも、サイモン&ガーファンクルとの出会いは小学生。
音楽部に所属していた私は、課題曲「コンドルは飛んでいく」でアルトリコーダーを担当。
小学生の小さい手で苦労したのを覚えている。

その次はNHK教育の「ピアノでポップスを」という番組。
この番組が私は大好きで、またこういうピアノ講座をやって欲しいのだけど、
最近はお堅い感じなんですよね。
「ピアノでポップスを?」で「明日にかける橋」が取り上げられたんですよね。
とても素敵な曲で、下手ながら練習してなんとか弾けるようになったものです。
(今ではすっかり弾けませんが。。。)

次にやっとオリジナルにたどりつきます。
高校生の時に友人の家で、映画「卒業」を観て「サウンドオブサイレンス」。定番ですね。

その後もたまたま読んでいた漫画に「ニューヨークの少年」が出てきたり、
知らず知らずのうちにスカボロフェアーは知っていたり。
まぁ。正直、有名な曲しか知りません。

でも楽しめましたよ~。
アンコール前の「明日にかける橋」は圧巻でした。
うちの人曰く、「この曲だけキー落としてる」って言ってましたが、落ちてるかなぁ。。。

アンコールも2回目からは観客総立ち。
非常灯と照明がつき始めたので、もう終わりかと思ったら、そこからまた1曲!

前の席の人が「そろそろ終わりにしよ。ふたりとも歳なんだから疲れちゃうって。」って
言ってたのに笑っちゃいました(笑)

でも、座ってしっとり聴くコンサートなので、欲を言うなら、
ドームじゃなくて、コンサートホールで聞きたいですね。
音が反響しちゃってちょっと残念。
愛知県芸術創造センター大ホールとかで聴きたかったな。

「こんばんは、ナゴヤありがとう」と日本語で始まり、
途中「親愛なるマイケル・ジャクソンに捧げます」(多分そんな英語(笑))とあったり。。。
やっぱり生はいいですね。

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

POSTED COMMENT

  1. 八重 より:

    わあ!行っていらしたんですね♪
    サイモン&ガーファンクルは父がよく聴いておりまして、
    子供の頃のBGMのひとつでした。
    そんな頃は良さなんて何一つ分かっちゃいませんでしたが(笑)、
    大きくなるにつれて良さをひしひしと感じていきました。
    ついでに「明日に架ける橋」は中学校の卒業式で
    退場の曲でかかりまして。
    さらについでに短大の卒業パーティーの時に
    カナダ人の先生がギター片手にこの曲を歌ってくれまして。
    (すっごいオンチな人だったんですがね・笑)
    思い入れのあるアーティストさんです。
    ああ行きたかったなあ…。

  2. 知らず知らずのうちに知っているアーティストですよね。
    中学の卒業式で「明日に架ける橋」って素敵ですね~。
    そんな粋なことする学校じゃなかったわ。。。(笑)

  3. みつばちマーヤMAX より:

    いわゆる後世に残る名曲ですよね
    アーチストを知らなくても「あ、この曲なら聞いたことある!」って誰もが言うような
    ビートルズ、カーペンターズ、サイモン&ガーファンクル・・・
    そういった意味では先日亡くなったスーパースターは
    偉大かもしれないけど、歌い継がれる歌が少なく思います
    生で聴けたなんてうらやましいです~♪

  4. マイケルジャクソンのことはまったくと言っていいほど、
    興味が無く、知識も無く。。。だったのですが、
    追悼特集とか見ていると、聞いた事ある曲がほとんどで驚きました。
    聞いた事があると歌い継がれるはまた別物でしょうね。
    と言うか、カバーとかできなさそう。
    やっぱり生はよかったですよぉ~♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク