スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11
舞台

≪観劇レビュー≫ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョン@名古屋

f5eaff6a.jpg

劇団四季のジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスク・バージョンを観に行ってきました。
ジーザスを観るのは2001年のエルサレムバージョン以来2度目。
ジャポネスク・バージョンは初見です。

個人的に衝撃だったのが、今回のキャスト、まったくもって知っている人がいません。。。
前回はジーザスが柳瀬大輔さん、ユダが芝清道さん、ヘデロ王が下村尊則さんだったかな。
すごい良かった記憶がある。
そうそう、あくまでも噂だけど、柳瀬さん退団なの??
もし本当なら、そろそろ人の入れ替え(って言うか退団)をストップしてほしいわ。
どうにかしてよ劇団四季さん!

さてさて、話を戻して本日のお話。
ジーザスの金田俊秀さん、なかなかよいですね。
声に迫力があるし、伸びもある。
今後、阿久津さんや荒川さんのような四季を背負って行く人なんだろうなぁ。と思いました。
ただ、私的にはファルセットがいただけなかった。。。(個人的な感想だけど。)

逆に、ユダの金森勝さんは、もうちょっと迫力があるといいかなぁ。
まぁ、前回は芝さんだったからどうしてもあの迫力の記憶が拭えないってのもあるのだけど、
声がちょっとハスキー寄りで(もともとなのか、今回がなのかはわかりませんが)声が通りにくい。
すべてにおいてジーザスに押されちゃっていたのが残念でした。

そんな中、アンサンブルは圧巻!
「ジーザスの神殿」なんて、観てて鳥肌立つほどだった。

何より、あのシンプルで急斜面という舞台での演技って大変でしょうね。
あらが隠せず、気を抜けば転がりそう。
普通の人なら歩くこともままならない壇上だろうに。。。
さすがの一言です。

幕開けして初の土曜日でしたが、観客の受けはそれほど良くなかったようでした。
カーテンコールも通常のみ、スタンディングは無し、途中の拍手はヘデロ王の時のみ、それもさらっと。。。
なんとも寂しい感じでした。
もしかしたら、ビギナーが多かったのかも知れませんけどね。
でも正直、率先してスタンディングするような出来ではなかったので私も座ったままでした。

そして何より、空席がパラパラどころかガッツリと。。。
チケ代値下げして半年ぐらいですかね?あんまり効果は無さそうなのかな。
楽もまだまだ席が有るっていうのは衝撃的でしたね。
次の演目の「55steps」は初日が完売だから演目orキャスト的な問題なのかな。

プログラムはかなり質素。
どちらかと言うと、劇団四季のプログラムって、
お金掛かってると一目でわかる装丁だったりするのだけど、
今回のはとってもシンプル。
中身も再録が多く、「お金掛かってねぇ~!」って感じ(笑)

今日は1階席で観たけれど、この演目は2階席から見たほうが大八車の動きが良く見えてわかりやすいだろうな。
大八車を動かしている人が黒子ならぬ白子なのが特徴だね。
初めやカーテンコールの画一的な動きがちょっと笑えます^^
次回行くことがあったら、2階席から全体と観たいなと思いました。

16cd510d.jpg

新名古屋ミュージカル劇場になって今年で10年だそうです。
もう10年なんだなぁ。。。
栄の名古屋ミュージカル劇場があったのが2年ぐらいでしたっけ?
あの立地にはかなわないけれど、ここも長く残って欲しいものです^^

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク