スポンサーリンク
思い出はいつもやさしい。。。
どんな出来事も振り返ればきっとやさしい思い出
いつか振り返るための日々の戯言
SNSをメインにしていたこともありましたが、
やっぱり日記はblogが一番!と本格再開☆
2022.1.11
舞台

≪観劇レビュー≫リバーダンス2008

52e0cf35.jpg
2003年2005年に続き、3年ぶりにリバーダンス公演へ。
今回は、カード会社枠でチケットを購入したので9列目と結構いい席での観劇。

2005年に観た時よりはキャストの人数が少なめだったけど、リピーターの観客が多いのか、会場は結構な盛り上がり。
演目の流れがわかりきってる人から合いの手なんかも入って、それを受ける舞台上の人が満面の笑みだったのが印象的でした。
もちろん、素敵な舞台があってこそだけれど、観客も舞台の一部なんだな。って思える公演でした。

それにしても何度観ても人間業とは思えないアイリッシュダンス。
それを支える生演奏もプロ中のプロ!
ホントにどこをとっても見所満載で途中何度鳥肌が立ったことか。

そうそう、1部が終った時にスタンディングオベーションが起きたのには驚いた☆
でもそれぐらいいい舞台でした。
ラストも1F席はほぼスタンディング。
最近読んだコラムで、「いい舞台はスタンディングオベーションが後ろから起こる。」と言うのがあったのだけどまさにそれ!!
前の方でもパラパラと先に立ってる人がいたけれど、(私も早々に立ったけれど)
前列の人はほとんど後ろからの波に飲み込まれる感じでのスタンディングでした。
いや~ホントに大絶賛♪

そんな中、グッツ売り場に「最後の日本公演」というポップが貼ってあって驚いたのだけど、
ネットで調べてみたら、とあるサイトに「日本は利益が取れないからとりあえず今年で区切って、
もっと他の国で公演する。また機会があれば戻ってくるかも。」と言うのを見つけた。
確かに、舞台を観に行く習慣って日本にはあんまり無いから
根付くのも難しいのかもしれないけれど、
こんなにいい舞台が観られなくなるのは残念だな。
そもそも外国と違って、お値段がお高いんだよね。
ちょっと気軽に観劇ってのも無いし、逆にちょっとドレスアップして観劇ってのも無いし。。。
なんとも中途半端な。

何はともあれ遠くない時期の復活を願ってます☆

ABOUT ME
修子
レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれ名古屋育ちの名古屋人です。 日々の楽しい暮らしを綴る雑記ブログ。(のはず。。。(笑)) 最近はIHGダイヤモンド&Hiltonダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しんでいます♡
昔の思い出

POSTED COMMENT

  1. othello より:

    はぁ~
    見ておくべきだったなぁ…。
    ちょっと後悔。
    今後のプランについては挑発的にも聞こえるコトバだけど
    真実だと思う。
    ネットで見たいものは、見られる時代だけど
    それで「見た」と言えるかどうかは、生の体験があるかない
    かに等しいと思います。

  2. 舞台ってホントに「生」なんですよね。
    同じ演目でも日によってまったく同じではないですし。。。
    こういう舞台と観ると高くてもついつい足を運んでしまうんですよね~(笑)
    でもやっぱり日本の舞台の観劇料は高いと思う!!
    アメリカやヨーロッパみたいにもっと舞台が身近な存在になるといいですけどね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA



スポンサーリンク