スポンサーリンク
【博物館明治村】特別展-帝国ホテル・ライト館竣工100年記念-「東洋の宝石」普段は質素に、たまには豪華に。
美術館・博物館

【博物館明治村】特別展-帝国ホテル・ライト館竣工100年記念-「東洋の宝石」

修子
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、
アフィリエイト広告を利用しているものがあります

明治村で開催中の謎解きシリーズ「インペリアルホテル270」のEX謎が想定より早くクリアすることができまして☆

合わせて読みたい
【明治村 謎解き】ROOM No.270「EX謎」解き方のヒント?とネタバレにならない程度の感想。
【明治村 謎解き】ROOM No.270「EX謎」解き方のヒント?とネタバレにならない程度の感想。

せっかくなので、帝国ホテル・ライト館竣工100年記念で開催されている特別展「東洋の宝石」を観に行ってきました♪

スポンサーリンク

明治村のお得なチケット

私は村民なので、入村料を気にせず何度でも行けますが、明治村の入村料ってなかなかお高いのですよね。。。(^^;

そして、名鉄の株主であっても無料になるわけではなく、、、

\明治村の入村料が最大15%OFF/

珍しく15%オフのチケット見つけたので貼っときますー

このチケットのお勧めポイントは、明治村についてからチケット購入に並ぶ必要が無い事!

開村前や、バス到着時など、結構行列になっているのを見かけるので、電子チケットはお勧めです☆

とは言え、何度も行くなら村民登録がお勧めー!

1年間に3回行ったら元が取れますよー!

帝国ホテル・ライト館竣工100年記念-「東洋の宝石」

竣工当時の資料や図面等をもとにライト館インテリアの色彩を復元、ライト館で開催された渋沢栄一の米寿のお祝いメニューの再現、初公開のテーブルを含むライト館で使用された家具の数々や新たなVR映像等、「東洋の宝石」と呼ばれた「帝国ホテル・ライト館」の魅力をご紹介します。

会期

期間:9/1(金)~12/17(日)※休村日を除く

時間:10:00~16:30
※11月は10:00~15:30(土日祝は~16:30)、12月は10:30~15:30

場所

千早赤阪小学校講堂(2丁目14番地)

こういう展示はだいたいこの場所ですね☆

料金

700円(中学生以下は無料)※入村料等別途必要

通し№入りの栞がもらえます♪

一部写真撮影可能

基本的には撮影不可ですが、2か所、写真撮影をすることができます。

八角テーブルとピーコックチェア

明治村内の帝国ホテル喫茶室にもたくさんあるこれら。

背景が当時のホテルのパネルなので、雰囲気が出ますね☆

そして座って写真を撮ることもできます。

渋沢栄一・米寿のパーティメニュー

帝国ホテルの協力の元、明治村で作成したとのこと。

調べてみたら、渋沢栄一さんが米寿の年は、昭和3年(1928)!

当時では画期的なメニューだったでしょうねー!

見どころ満載

それぞれに見どころ、読みどころ満載でしたが、その中で個人的に気になったこと2つ。

●INAXの前身「帝国ホテル煉瓦製作所」は帝国ホテル旧本館の煉瓦とテラコッタを製作するためだけに直営工場として作られたこと。

●マリリンモンローと言うと、「夜は何を着て寝ていますか?」という質問に「シャネルの5番を」と答えた逸話が有名ですが、このインタビューが行われたのがこのライト館だったこと。

1954年、大リーグの元スター選手ジョー・ディマジオとの新婚旅行で日本を訪れ、帝国ホテルに宿泊した時のお話だったとは知りませんでした。

今回は、ライト館竣工100年記念の展示でしたが、また折に触れて開催してほしいです♡

追記*11月26日

「帝国ホテル・ライト館―未来へのメッセージ―」を聴きに行ったあと、夫と再訪。

合わせて読みたい
【博物館明治村】「帝国ホテル・ライト館―未来へのメッセージ―」
【博物館明治村】「帝国ホテル・ライト館―未来へのメッセージ―」

先回から1300名ほど来場しているようですね☆

今回、係の方と話をしていて気づいたのですが、写真撮影可のピーコックチェア。

真ん中のエンジ色っぽいのは、実際にライト館で使用されていたものとのこと。

これ、実際に座れるんです!

私も座って写真撮ってもらいました☆

写真撮ってもらったのに浮かれて、椅子だけの写真を撮るの忘れたー!(笑)

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
修子

酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬.

レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった管理人が名古屋を中心に綴る日記ブログ。

最近は𝕀ℍ𝔾ダイヤモンド&ℍ𝕚𝕝𝕥𝕠𝕟ダイヤモンドステータスの夫と一緒にホテルステイも楽しみつつ、完全同居型二世帯住宅に住む子なし夫婦です。

スポンサーリンク
Recommend
こんな記事も読まれています!

スポンサーリンク

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました