夢をかなえるゾウ(水野敬也・2007年)普段は質素に、たまには豪華に。

夢をかなえるゾウ(水野敬也・2007年)

修子
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、
アフィリエイト広告を利用しているものがあります

cf70326d.jpg

********************
「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」
ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。
成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。
ベストセラー『ウケる技術』の著者が贈る、愛と笑いのファンタジー小説。
(「BOOK」データベースより)
********************

今までの自己啓発本のいいとこどりなのですが、構成が面白くってさくさくと読めました。

「自己啓発本のいいとこどり」って書きましたが、本の中にもそんなような文章が出てくるんです^^

結局、人は読んだ時には「よっしゃ~!やるぞ~!」って思っても続けられないんですよね。。。

期待は感情の借金やから」って言葉が興味深かったです。
以下簡略して引用。。。

何かに影響されて、やる気になる。
そのうち、そんな簡単にできない現実にぶつかる。
そんな時に「先に気分よくなった分を返してもらいましょ」って返済をせまられて、ヘコむことになる。
これを繰り返すとどんどんやる気が無くなる。
そうやって、人は夢を失くしていく。

なんだかその通りだなぁ。。。としみじみ思っちゃいました。

そして、この本、自己啓発本なのに、それを押し付けない終わり方なのです。
「今のままでもいいじゃん」とでも言うかのように。。。

作中に大量の偉人が出てくるのも楽しかった。
歴史が大っ嫌いだった私は、聞いたことある名前だなぁ。。。ってぐらいの人のエピソードがいろいろ出てきて勉強になりました。

ベストセラーで当たりにあんまり出会えませんが、なかなかお勧めの1冊です。

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
修子

酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬.

レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれの名古屋人

普段は質素に暮らし、でもたまには豪遊したい♡
そんな日常を綴っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました