気仙堂のお菓子普段は質素に、たまには豪華に。

気仙堂のお菓子

修子
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、
アフィリエイト広告を利用しているものがあります
dbd8bfa0.jpg

義妹(三男嫁)が次女を出産したので、帰省の時にご実家にお邪魔して会って来ました 。
翌日、義妹のお母様から「手土産ありがとうございました。」とお返しに気仙堂のお菓子をいただきました。

ありがとうございま~す♪

気仙堂のある辺りに春は菜の花畑、夏は向日葵畑になる丘があって、こちらのお菓子も向日葵の種を使った物が多いみたい。

cf492a9d.jpg

「向日葵の宴」はガレットの上に向日葵の種が敷き詰めてあるみたいなお菓子。
向日葵の種のほんのりとした塩味が甘いガレットとよく合っていました。

もう一品の「とまっチーズ」はデリシャストマトという宮城県で有名なトマトを使ったお菓子。
感覚としては、名古屋の「なごやん」、東京・福岡の「ひよこ」のような、柔らかい皮の中に白餡が入っている感じ。

その白餡の中にドライトマト、皮の中にトマトパウダーとトマトケチャップが入っているみたい。(裏面表示をみて想像してみました)

トマトの味はそんなにしなくて、知らずに食べたら気付かないかも!?

言われてみて、よ~く味わうとちょっと酸味があるかなぁ~^^

最初はどんな味かと恐る恐る食べたのですが、美味しかったです♪

こういう地元の地元でしか手に入らないお菓子ってなかなか食べる機会が無いから、嬉しいですね☆

今週末、友人に会うからお裾分けしよ~♪

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
修子

酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬.

レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれの名古屋人

普段は質素に暮らし、でもたまには豪遊したい♡
そんな日常を綴っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました