ボーイズ・ドント・クライ(1999年/米)普段は質素に、たまには豪華に。
映画&ドラマ

ボーイズ・ドント・クライ(1999年/米)

修子
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、
アフィリエイト広告を利用しているものがあります

3471b4a6.JPG
一時期映画をよく観ていたけれど、最近ご無沙汰。
ちょうど友人から「晴れた昼間に観た方がいいよ」という助言(?)つきでビデオを借りていて、そして今日は晴れていたので(笑)観てみました。

「性同一性障害」の話。
主演はアカデミー賞主演女優賞取って、ビバリーヒルズ高校白書に出てた人。」というのが私の予備知識。

観終わって友人の言ったことがしみじみわかった。心に痛い映画でした。
それも実話・・・。
たまたま今読んでいる本が重度の脳障害の子とその母親のお話で、障害に対して日本はまだまだ開けてないなぁ。と思っていたところ。

日本だけじゃなくて世界もか・・・。

争いは戦争だけじゃないね。いろんな国でいろんなことで戦ってる。

それは今もきっと・・・。そして永遠になくならないことなのかもしれない。

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
修子

酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬.

レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれの名古屋人

普段は質素に暮らし、でもたまには豪遊したい♡
そんなの日常を綴っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました