包丁普段は質素に、たまには豪華に。
ひとり言

包丁

修子
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、
アフィリエイト広告を利用しているものがあります
8e421b2a.jpg

私は普段からぺティナイフで料理をしています。
普通の牛刀や三徳包丁も持っていますが、大きくて小回り利かないし、ペティナイフを使い始めると普通の包丁が重くて重くて(笑)

大学時代に実習用に買った鋼の包丁と、結婚前に連れ合いから誕生日プレゼントに貰ったグローバルの包丁(ホントは刃物ってプレゼントしちゃダメなんですよね~^^;)が愛用品。
2つを交互に使って、切れなくなったら2丁まとめて研いでいます。

が、包丁を研ぐのがどうも苦手。。。
本を見たり、テレビの特集を見たり、包丁につける補助器具使ったりと研究したのですがちっとも上達しません。

実際研げば切れるようにはなるのですが、刃が曲がっちゃうんですよね~。。。
南瓜やメロンがまっすぐに切れないのです。

かと言って、砥石じゃない包丁研ぎは切れ味が復活しない気がしたり。
(これまた使い方が悪いのかな。)

前に、刃物屋さんに研ぎに出したら、感動するほどになって戻ってきました。
やっぱり専門家は違いますね~!!

そんなことを考えながら、今日も2本の包丁を研いだのでした。
おかげで今、指先が真っ黒です(笑)

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
修子

酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬.

レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれの名古屋人

普段は質素に暮らし、でもたまには豪遊したい♡
そんな日常を綴っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました