染め普段は質素に、たまには豪華に。
ひとり言

染め

修子
※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、
アフィリエイト広告を利用しているものがあります

母と一緒に呉服屋さんに行って来ました。

私は、ありがたいことに、父方の祖母にとっては初孫、母方の祖母にとっては初の女孫ということで、かなり可愛がってもらいました。
いつかのためにと、父方の祖母が綸子の反物を1反、母方の祖母が結城の反物を2反、生前に残しておいてくれました。

今日、たまたま母が行く呉服屋さんに染の専門の方が来るというので、話を聞きに行って来たのです。

私が着ている着物はほとんど母のお下がりなのですが、なぜか7割がたピンク色。。。
さすがにそろそろどうかと思う色なので、今回は思い切って、結城で緑色の混ざった灰色のグラデーションというシックな色の着物と、茶系の混ざった臙脂色で道行コートを作ることにしました。
綸子はベージュの長襦袢にすることに。
出来上がりはちょっと先になりますが、楽しみです♪
とは言え、着るのは年始の初釜ぐらいなんですけどね(笑)

それにしても、浴衣の時期ですね~♪
売り場にもたくさん出ていて、試着している人もたくさんいて、目の保養になりました。
今年は、浴衣来てお出かけできるかしら?
今からお出かけ先をチェック入れとかなくっちゃ♪

スポンサーリンク

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
修子

酒・食、時々、旅・舞台・着物𝓮𝓽𝓬.

レジャックの外が見えるエレベーターが子供の頃の遊び場だった名古屋生まれの名古屋人

普段は質素に暮らし、でもたまには豪遊したい♡
そんな日常を綴っています

スポンサーリンク

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました